• トップ
  • 新着情報
  • 屋根の学校とは
  • 製品情報
  • 施工事例
  • 石州瓦のあれこれ
  • ダウンロード
  • お問い合わせ
  • トップ
  • 新着情報
  • 「モダニズム建築と江津市庁舎とを考える」シンポジウム 開催のご案内

新着情報

「モダニズム建築と江津市庁舎とを考える」シンポジウム 開催のご案内

2016年11月18日(金)13:30〜17:00、パレットごうつ(江津ひと・まちプラザ)にて「モダニズム建築と江津市庁舎とを考える」シンポジウムが開催されます。

このシンポジウムでは、京都工芸繊維大学教授、DOCOMOMO Japan※1の代表も務める松隈 洋氏を迎え『地域が育むモダニズム建築』という演題で基調講演が行われます。

その後、松隈氏に加え、建築家で東京大学名誉教授であり、グラントワの設計でも知られる内藤 廣氏、静岡理工科大学教授で島根大学の名誉教授にも就任された丸田 誠氏、島根県建築士会江津支部理事の尾川隆康氏をパネラーに、建築家で早稲田大学芸術学校講師、元U研究室研究員でもある齊藤祐子氏をコーディネーターに迎えパネルディスカッションが行われます。

1962年に竣工した江津市庁舎は「日本におけるモダン・ムーブメントの建築」として2015年度DOCOMOMO Japan選定作品に選ばれました。設計を担当した故・吉阪隆正先生は江津市庁舎に何を現そうとしたのか。そして、市民は何を求めようとしたのか。

建設から半世紀を経た江津市庁舎の今後の在り方と日本におけるモダニズム建築を考えるシンポジウムです。

ご興味のある方は是非、ご参加いただきたくお知らせいたします。

シンポジウム開催のお知らせは江津市ホームページでもご覧いただけます。

「モダニズム建築と江津市庁舎とを考える」シンポジウム フライヤー
「モダニズム建築と江津市庁舎とを考える」シンポジウム フライヤー
会場となる『パレットごうつ』について
会場となる『パレットごうつ』について

石州瓦e-Book

  • 赤の街道を往く -山陰路編-
  • 赤の街道を往く -山陽路編-
  • 赤の魅力 -津和野-
  • 赤の魅力 -萩往還・赤間関街道-
  • 赤の魅力 -新庄・勝山・津山-
  • 赤の魅力 -西条-
  • 赤の魅力 -倉吉-
  • 赤の魅力 -智頭-
  • 赤の魅力 -吹屋-
  • 赤の魅力 -大森-
  • 百年瓦石州
  • 石州の瓦屋根(関東事例集)
  • 石州住宅事例集
  • 石州瓦性能読本
  • 赤瓦の街並を歩く
  • 世界遺産石見銀山のすべて
  • 低減金利好評です。石州瓦住宅ローン