• トップ
  • 新着情報
  • 屋根の学校とは
  • 製品情報
  • 施工事例
  • 石州瓦のあれこれ
  • ダウンロード
  • お問い合わせ

石州瓦のふるさと

赤瓦で演出される石州瓦のふるさと

粘土瓦の日本三大産地の一つ石州瓦。江戸時代の初めに石見国で産声をあげた石州瓦は、400年の時をこえて、現在の島根県西部地方〜大田市、江津市、浜田市、益田市〜にまたがる地場産業として産地を形成しています。江戸時代、この地方は東から数えて石見銀山天領、浜田(松平藩)、津和野藩(亀井藩)が置かれ、日本海と中国山地に挟まれた狭い平野と盆地の中に、城下町や山村集落、漁村集落が集積されていきます。

  1. 亀谷窯業(有)
  2. (株)石州川上窯業
  3. (有)有間窯業所
  4. (株)丸惣
  5. (株)木村窯業所
  6. 石央セラミックス(協)
  7. (株)シバオ

『屋根が赤い』『小さな小屋にも瓦が葺かれている』。初めてこの地方を訪れる人々が、やや驚きの表情で発する言葉です。石見地方は、石州赤瓦で形成された街並みや集落を至るところで見ることができます。

日本海の青に石州赤瓦のコントラストが映える海岸線の漁村集落、山間や田園の緑の中にやさしく浮かぶ石州赤瓦の集落。切り妻や入母屋の商家や町屋街も殆どが赤瓦で演出されている石見地方の景観は、この地方独特の暮らしの情景として今日に残されています。

石州瓦のふるさと

  • 大田地区
  • 江津地区
  • 邑智地区
  • 浜田地区
  • 益田地区

石州瓦e-Book

  • 赤の街道を往く -山陰路編-
  • 赤の街道を往く -山陽路編-
  • 赤の魅力 -津和野-
  • 赤の魅力 -萩往還・赤間関街道-
  • 赤の魅力 -新庄・勝山・津山-
  • 赤の魅力 -西条-
  • 赤の魅力 -倉吉-
  • 赤の魅力 -智頭-
  • 赤の魅力 -吹屋-
  • 赤の魅力 -大森-
  • 百年瓦石州
  • 石州の瓦屋根(関東事例集)
  • 石州住宅事例集
  • 石州瓦性能読本
  • 赤瓦の街並を歩く
  • 世界遺産石見銀山のすべて
  • 低減金利好評です。石州瓦住宅ローン