• トップ
  • 新着情報
  • 屋根の学校とは
  • 製品情報
  • 施工事例
  • 石州瓦のあれこれ
  • ダウンロード
  • お問い合わせ

新着情報

建築業協のBCS賞 島根芸術文化センター「グラントワ」受賞

石州瓦の造形美評価される。

社団法人建築業協会〔会長 野村哲也清水建設渇長 会員企業69社 事務局東京〕が全国の優れた建築物を表彰する第48回BCS賞(建築業協会賞)に、 益田市有明町の島根芸術文化センター「グラントワ」受賞が選ばれました。

今回の同賞には、全国66施設から応募があり、松村秀一東京大学大学院教授や富永謙法政大学教授ら専門家12名が審査。設計施工などの書類審査に加え、運営状況や地域貢献度を重視した現地審査も行われました。

この結果、28万枚の石州瓦で屋根と壁を覆い、石州瓦独特の「赤瓦」で演出された造形美と、地域文化・芸術の情報発信拠点として活用されている天が高い評価を受け、BCS賞15点の中に選ばれました。

 

澄川喜一同センター長の談話

『受賞を契機に、グラントワの求心力が世界へと広がるよう努めたい』

佐々木惣三郎石州瓦工業組合理事長の談話

『今年(2007)3月に、地域ブランドに認定された石州瓦にとって、グラントワの今回の受賞は2重の喜び。 厳しい市場環境化の中、地域ブランド登録を契機に、石州瓦ブランド戦略を加速させたい業界にとって強力な追い風。』

 

グラントワはフランス語。『大きな屋根』という意味。屋根は石州伝統の和瓦で 葺かれ、壁はグラントワのために新開発された『壁瓦』で施工されています。 使用枚数は屋根12万枚、壁16万枚。いずれも石州伝統の来待色(島根県産の天 然釉薬来待石で施釉された赤瓦)で外観デザインが形成されています。

 

石州瓦e-Book

  • 赤の街道を往く -山陰路編-
  • 赤の街道を往く -山陽路編-
  • 赤の魅力 -津和野-
  • 赤の魅力 -萩往還・赤間関街道-
  • 赤の魅力 -新庄・勝山・津山-
  • 赤の魅力 -西条-
  • 赤の魅力 -倉吉-
  • 赤の魅力 -智頭-
  • 赤の魅力 -吹屋-
  • 赤の魅力 -大森-
  • 百年瓦石州
  • 石州の瓦屋根(関東事例集)
  • 石州住宅事例集
  • 石州瓦性能読本
  • 赤瓦の街並を歩く
  • 世界遺産石見銀山のすべて
  • 低減金利好評です。石州瓦住宅ローン